FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆきちゃん

Author:ゆきちゃん
ゆきちゃん

平和と自由と音楽を愛する乙女です。
ゆきちゃんの世界

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
永久平和を願って
20070321154253
巣鴨プリズン跡で

クロネコさんより
民主党が「密告法案」に賛成しました。
反対を表明しているのは社民党と共産党だけになりました。
かなり危険な状況になってきました。

密告義務法衆院通過、憂慮すべき「無風国会」
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/75c2b5007721a9debde73e71a022d82d
民主党は本気で密告義務法に賛成なのか
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/313e0e964e2ac30062cddde509083359
密告義務法、超特急で衆議院通過の勢い
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/59041b74055f8eca13809776a726863d
「密告義務」22万社に/ゲートキーパー法案 吉井議員が指摘
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-03-23/2007032304_04_0.html
ゲートキーパー法案/令状なし警察立ち入りも/38業種に「密告義務」/与党は月内成立の構え
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-03-22/2007032214_01_0.html

  ☆ 民主党が「密告法案」に賛成!・・・とんでもないですね!!!

え------っ!それって、
 弁護士さんが、スパイにならされるってやつですよね。
 つまり、弁護士さんへの共謀罪適用ですね!!!
 わぁぉ!!! まったく 世も末の様相を呈してきました!!!

 もう、黙っちゃおれない!!!

 民主党に即!怒りの鉄筆!!!を投げつけましょう!!!
 弁護士さんたち、立ち上がれ~~~~!!!

 そうなってしまうと、弁護士さんたちは、いつでもどこでも すぐにいちゃもんつけられ、罪に問われ、拘置所暮らしへと追い込まれる状況ですね。
 ほんとうに、怖い時代になってきました。

 アメリカの国民が、影の政府にだまされて、しかけられた安全のためと称して自由の魂を売って以来、周囲の人たちが、イスラムの人たちをはじめ反体制の人たちが大変な虐待にあってきているというのに・・・、

 それをみならって、こんどは、日本でも、現体制に反対のものは、どんどんしょっぴかれていく・・・、共謀罪(昔の治安維持法)と新憲法制定のあかつきの国家体制(つまり現在の安倍クーデター政権がこのまま改憲へと進んでしまった時)のだから、

 安倍政権が次に予定している新憲法は、今の平和憲法の主権在民から、またまた、
 主権が国家という、国民が服さねばならないものへともっていかれようとしている。

 つまり、個々の市民の尊厳は消えさってしまい、国家というお上(カミ)とするものが強大な権力を持ってしまう。
 つまり新憲法では、国家とは、決して国民主権でなく、体制の政府が主権となってしまう。

 あのひどい昔に舞い戻りたいのですか?!みなさん!?!

 そして、安倍新憲法の政府は自分たちの思うがままに、国をあやつりわたしたち国民を従わせようとしている。

 それも、自分たちの私利私欲とアメリカへの卑屈な恐怖ゆえに、
 小泉・安倍たち、アメリカにおもねる売国奴たちの手によって、 
 わたしたちの輝く権利である、主権在民が、今まさに取り上げられようとしている。

 今、日本は、どんどん戦争へとむかってひきずられていっている!

 このままでいいわけがない!!!
 日本に住む庶民たちよたちあがれ! 目をさましてほしい!

 このまま臣民にもどって、過去の軍事体制と同様になったなら、
 体制に服従するしかなくなる、無関心でいる権利、反対する権利さえなくなってしまう、

 すべては、強権によって押し付けを課せられ、反対すると罪に問われてしまう、
 なんという時代錯誤の亡霊たちに今の安倍政権は乗り移るられていることだろう!

 巣鴨プリズン跡の石碑にだって、

 「 永久平和を願って 」と銘うってあったのに・・・、

 あの戦争で死ねなかったものたち、アジアから略奪したM資金を差し出して自分の命乞いをし、恥しらずにもいごアメリカに屈服して日本をずっと占領下においたままで平気なものたちが、そのまま孫たちにとりついているかのようだ。
  
  おどろおどろ~~~・・・払いたまえ、清めたまえ!!!
スポンサーサイト





平和 | 15:42:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する